【男の眉毛の整え方】形・濃さを完璧にする眉毛の整え方とアイテム

男の眉毛の整え方は、ベーシックに考えるとまず左右のバランスを考えて、理想の眉毛にカットします。その眉毛のカット方法が難しく感じる男性も多くいるでしょう。

男の眉毛の基本的なポイントやカット方法、眉をかっこ良く男らしく見せる方法などを解説します。

男らしい鋭く、クールな眉毛にするために、大切なポイントは、眉頭が小鼻と目頭からまっすぐに続くラインに位置することと、眉山は黒目と外側の目尻の中間地点、眉尻が小鼻と眉尻の延長線上に来ることです。

男の眉毛の整え方に必要なアイテムなども、紹介します。眉ハサミや毛抜き、眉ブラシなど、女性も使うコスメアイテムを、男性の眉毛にも使います。

眉毛の長さや形を決めよう

理想の眉毛の形にするために、知っておくべきことは、眉頭と眉山、眉尻の3ポイントです。
前髪をアップにするかおろすかで自分の顔に合った眉毛を探すのも大切ですよ。

最近では
・自眉毛を生かし骨格に沿ったナチュラル眉
・やさしげな印象の薄め平行眉
・眉先にかけてシュッと抜けるようなストレート眉
・太眉でキリっとしたワイルド眉
などがトレンドです。

眉毛の長さや形は顔の印象を左右させる事もありますね。

眉毛の長さは、目頭から眉山、眉尻の太さのバランスを考えながら、カットして整えることが重要です。

コームで眉の流れを整えたら、自分の顔や性格などを考えて自分に合った形をイメージしましょう。

まずアイブロウペンシルで輪郭を描くと失敗せずにカットすることができます。

輪郭を描くこと自体が難しいという人は市販されている眉毛プレートを使用するのもおすすめです。

 

凛々しい眉毛のカットの仕方

セルフで眉毛をかっこ良くカットするなら、眉下は①真ん中、②眉頭、③眉尻の順番でカットしましょう。眉ハサミや眉コームを使いながら、丁寧にバランスを考えて、理想の眉毛の形にカットします。

 

基本的には、長すぎる眉毛を眉ハサミでカットして、眉下や眉上を剃りながら、形を整えます。眉毛の周りの産毛を、小型のペンシルシェーバーを使って剃りましょう。眉間も綺麗に、産毛を剃っておきます。

眉毛をコームで整えて、長く伸びた眉毛をまずカットしてから、左右のバランスを見ながら、眉ハサミを使います。そして、眉下、眉上を剃り、キレイにしましょう。

眉山から剃り始めると、失敗するので眉下を先にそって、眉上を剃る順番を守って下さいね。眉上をカットする順番は、①眉頭、②眉尻、③眉山です。

 

眉毛の太さや角度

男の眉毛は、太さや角度、濃さで決まります。眉毛の太さのパターンは、インパクトが強い太い眉毛、ナチュラルな普通の太さの眉毛、太さも角度もそれほど出さないやさしげ眉毛などがあります。

ワイルドでパワーのあるイメージにしたいなら、太眉がおすすめです。また、今まではナチュラルで細長い眉が人気でしたが、太く濃い眉毛は、最近になって人気度が高まっていますね。

眉毛の角度が高く、濃いほど鋭いイメージになります。薄く太く平行な眉毛は、優しいイメージを与えるでしょう。

眉毛の角度によって、顔のイメージが変わるのです。下がった眉毛は、ソフトな印象を感じさせます。眉毛の角度は、顔のイメージを作るのです。

 

ナチュラルで細い眉もクール

太くて濃い眉毛の男性が、茶色で細い眉毛にしたい時は、眉脱色をして眉毛を明るい色に変える事もできます。眉毛を剃ると、青くなりかっこ悪く見えるから、眉毛は眉ハサミや毛抜きを使って、細く整えてください。

眉墨やアイブロウペンのブラウンを使って、眉毛を描くこともおすすめです。ナチュラルで細い眉毛も人気があります。

若いイメージには、細くて茶色い切れ長の眉毛が良いですね。

眉毛をコームやブラシで整える

眉毛を思い通りの太さや長さにカットした後は、美しく眉毛の毛流れを整えます。眉毛を整えるために、眉専用のコームやブラシを使いましょう。

眉毛をコームやブラシで整えるのは、眉毛の毛並みや太さのバランスを美しく見せるためです。太い眉なら、なおさら眉毛の毛並みを梳かすことが大切になりますよ。

眉毛を太く濃く見せる

男の眉毛を太く見せるには、眉毛を剃り過ぎないでカットしすぎないことが、重要なポイントです。そして、眉毛を濃く見せるために、アイブロウペンシルを使います。

アイブロウペンシルには、ブラックやグレー、ブラウンなどのカラーがあります。眉毛の毛並みの隙間を埋めるように、アイブロウペンシルで線をたくさん描きます。

太い眉毛をかっこ良く見せるには、眉毛の高さを平行に整える事が大切です。太い眉毛を力強く描くために、濃い色のアイブロウペンシルを選んでください。

眉毛が薄い男性でも、アイブロウペンシルを使うと、太く濃い眉毛を演出できます。マスカラタイプの眉墨を使っても、濃い眉毛をメイクできますよ。

ムダ毛を抜いて、美しい眉に

眉毛をかっこ良く整えるために、必要なアイテムとして毛抜きがあります。眉上や眉下に映える、ムダ毛を毛抜きで抜きます。

眉毛を太く見せるために、眉のカットは長さを揃えるだけで十分でも、ムダ毛が映えていると野暮ったく見えますね。毛抜きで、1本、1本丁寧に毛抜きでムダ毛を抜きましょう。電動シェーバーを使って、ムダ毛を簡単に剃る事もできます。

男性の眉毛を綺麗に整えるには、念入りなお手入れが必要なようです。眉毛の周囲のムダ毛は、剃るより毛抜きで抜くことをおすすめします。

キレイに根元からムダ毛を抜いて、凛々しい眉毛に仕上げましょう。眉専用のかみそりもあります。男の太い濃い眉毛は、丁寧なケアによってつくられます。

男の眉毛は凛々しくナチュラルに

男の眉毛は、メイクした感じをもたせないことが大切ですね。眉墨やアイブロウペンシルを使ってカラーを濃くしても、メイクした感じン位見せないくらい、ナチュラルに仕上げる必要があります。

男の眉メイクは、ワイルドなイメージを失くすので、避けた方が良いでしょう。眉を自然にかっこ良く見せるように整えましょう。

メンズ眉毛サロンとは?

眉毛をプロフェッショナルなお店で整えてもらうこともできます。男性専用の眉サロンが、人気を集めていますね。眉毛サロンには、いくつかコースがあり、自分が求める眉毛にスタイリングしてもらえます。

眉毛サロンの価格は、大体3000円から6000円です。眉毛を30分から1時間かけて、ケアしてくれるのが眉サロンです。美容に熱心な男性が、眉サロンを予約して通っています。

男性専用の眉サロンは、眉毛を自分の理想に確実に仕上げてくれます。眉をサロンでスタイリングすると、かっこいい眉が1カ月は保てるでしょう。

眉サロンに通う男性は、美容に敏感な方だと思われます。眉毛は、顔のイメージを作る大切なパーツですね。不器用で眉毛を自分でカットできないと悩んでいるなら、眉サロンを利用してみてください。

眉間も綺麗にケアしよう

眉毛の真ん中の眉間のムダ毛は、剃るか抜くかして、キレイにケアします。セルフで眉毛を整える時も、眉間に長い毛が伸びていないかチェックしましょう。

眉間の毛を剃る事は、大切です。眉毛の形や眉上、眉下の怒田毛を丁寧にカットしても、眉間にムダ毛が伸びていると、台無しですね。

眉間の怒田毛を抜く事や、剃る事も忘れないで気をつけておきましょう。

まとめ

男の眉の整え方は、よくわかりましたか?

男性も眉毛をセルフで整えようとして、どこから始めていいのかわからないこともあると考えられます。男性の眉毛は、濃く太い人や薄く細い眉など様々ですね。

眉毛を美しくスタイリングするために、眉専用コームやハサミなどを使って、器用に眉毛を整えます。

眉毛をセルフやサロンで、美しくスタイリングすると、気持ちも一新して、生活が楽しくなるかも知れませんね。顔のイメージを作る男の眉毛を、カッコよく整えましょう。

関連記事

  1. 本来の機能を呼び覚ましキレイな素肌へ。週1回の『肌断食』のススメ

  2. で、どこで買う?メンズコスメ展開が広いショップ都内編

  3. よく聞くけれどよく知らない。イエベブルベって一体何?

  4. 【大阪】メンズの脱毛はもう当たり前!脱毛クリニック6選

  5. SNSでも人気!売り切れ続出!!毛穴撫子のメンズアイテム

  6. 週1ケアのピーリングとは?メンズがピーリングするときの注意点

  7. ドクタージャルト(Dr.Jart+)のシカペアクリームって? | DTRTも

  8. フランスパリ発メンズスキンケアなら”CODAGE PARIS(コダージュ)”

  9. IN韓国でMUSTBUY!韓国スキンケアブランド

特集記事

  1. 【お悩み急増中】メンズ肌「適切なスキンケア」とは
  2. マスク生活でも乾燥知らず!おすすめオーガニックリップバーム
  3. 【1,000円以下】清潔感を作る!おすすめのお手軽ヘアパック
  4. 「最も簡単にできる」簡単に垢抜け!眉毛マスカラのすすめ
  5. インナービューティーで注目!オートミールのすすめ

編集者おすすめ記事

アーカイブ

人気記事【週間】

PICK UP!

  1. 【初心者必見!】メンズ美容系youtuberおすすめ15選
  2. 【頭頂部・つむじ】薄毛ってどこから?人には聞けない髪のこと
  3. 【メンズ ヘアオイル】ベタつかない!脂ぎらない!おすすめ9選
  4. 【メンズにおすすめ】そのヘアブラシの使い方間違っているかも・
  5. 【30代】「シミ・たるみ・乾燥」老けの3大肌悩みにダイレクトアタック
PAGE TOP