バレない!メンズメイク基礎から全部教えます|おすすめブランド7選

「メイクに興味あるけど、どうしたらいいかわからない。」

「メイクしてみたいけどバレたくない」

メイクは女性に限ったことではありません。ナチュラルメイクで自分のコンプレックスを克服していきましょう!

この記事では、化粧水などの基礎化粧品から、肌を綺麗に見せるためのファンデーションの使い方に関してをご紹介しています。

メイクの前にまずは肌を整えることから始めよう

ナチュラルメイクをする際、一番重要なことは肌のコンディションです。

 

メイクが綺麗にのる滑らかなで潤いのある肌を作るために、まずは基本の洗顔・保湿を詳しくご紹介していきます。

 

正しい洗顔の手順と注意点

1.洗顔の準備

洗顔の際、髪の生え際までしっかり洗えるようにターバンなどで顔周りの毛をまとめましょう。

 

髪の毛の短い男性はそのまま顔を洗う方も多いと思います。

しかし髪を下ろしたままだと洗い残しすすぎ残しでニキビなどの肌トラブルを引き起こすことも。

 

また長い爪は肌を傷つけてしまうので、定期的に長さを揃えます。

最後に洗顔の前にはしっかりと手洗いをし、余計な雑菌を洗い流しておきましょう。

 

これで洗顔の準備は完璧です!

 

2.肌は泡で洗う

美肌を作る際、1番の敵が肌摩擦による角質の剥がれです。

 

肌は想像以上にとてもデリケートで傷つきやすい事をご存知でしょうか。

 

洗顔料をしっかり泡だてず洗ったり、汚れを落とそうと手でゴシゴシこするなんてもってのほか!

スキンケアをしているつもりで、肌を痛めつけてしまっているんです。

 

洗顔の基本は泡です。

肌に手が触れないくらい濃密でフワッフワな泡で優しく洗顔をしましょう。

 

手のひらに適量洗顔料をとり水を少しずつ足して反対の指でかき混ぜるように泡だてていきます。

 

手で泡立てるのが難しい・めんどくさい、そんな人は泡だて機や泡ポンプタイプの洗顔料を活用しましょう。手のひらを返しても落ちないくらいのふわふわ泡ができれば完璧です。

 

3.とにかく優しく泡で洗う

まずは皮脂で汚れやすいおでこ・鼻のTゾーンに泡を乗せていきます。

泡を押し付けるよう優しく洗いましょう。

 

決して【擦らず・撫でず】を念頭に優しく優しく洗っていきます。

 

Tゾーンの次は顎→最後に乾燥しやすい頬を洗います。

 

頭皮の生え際やフェイスラインなど細かなところの洗い残しに注意しましょう。

 

 

4.ぬるま湯でしっかりすすぐ

モコモコ泡でしっかり洗えたらぬるま湯ですすいでいきます。

すすぎのポイントは水の温度です。

 

冷水では皮脂汚れが落ちきらず、暖かいお湯では逆に皮脂が落ちすぎて乾燥肌の原因になってしまいます。

 

肌に負担をかけずしっかりとすすぎができる温度が30度から32度のぬるま湯と言われています。

 

肌質別におすすめの温度があり、この辺りを非常に詳しく解説しているサイトがありましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

女性の美学 洗顔・すすぎの時のベストな温度。よく聞くぬるま湯って何度?

 

すすぎの際も手で肌を擦らないようたっぷりのぬるま湯ですすぎましょう。

生え際やフェイスラインはすすぎ残しが出やすいので注意してくださいね。

 

5.タオルで優しく水気を取る

最後にタオルで優しく水気を吸い取ります。

 

ここでも決してゴシゴシと拭いたりせず、ポンポンと優しく押し付けるように水気を吸い取りましょう。

 

洗顔のポイントはとにかく摩擦を取り除くことに尽きます。

洗顔のやり方を変えれば肌が変わります。

 

今まで味わったことのないような爽快感が味わえるので、是非一度トライしてみてくださいね。

 

保湿で肌を整える

洗顔でまっさらな肌に仕上げたら、次は水分補給と保湿です。

 

1.洗顔から保湿は5分以内で

洗顔で皮脂汚れを落とした肌は刻一刻と水分が蒸発し乾いていってしまいます。

 

肌が乾燥すると化粧水の浸透も悪くなってします。

 

なので洗顔から保湿までは遅くとも5分以内、理想は洗顔後タオルで水気を取った直後です。

 

大げさではなく1分がその日の肌コンディションを左右します。

洗顔後は保湿を最優先に考えましょう。

 

2.スキンケアは油分の少ないものから順に

スキンケア用品の種類は多く、用途も様々です。

自分の肌トラブルや理想の肌に近づくためにいろんなアイテムを試すのも楽しいですよね。

 

しかしつける順番を間違えると効果を発揮できない場合も。

 

油分の多いものを先に塗ってしまうと肌に膜ができ、その後のものが浸透しなくなってしまうので注意が必要です。

 

化粧水→美容師→乳液→クリームの順に油分が多くなっていくので、順番を守ってスキンケアをしましょう。

 

スキンケア初心者でどれがいいかわからないという人にはオールインワンタイプがおすすめです。

1つで水分補給から保湿まで補ってくれるので、時短・節約にもなり続けやすいですよ。

 

3.化粧水は手のひらでじんわり浸透させる

化粧水を肌につける際手のひらやコットンを使いますが、はじめのうちは手のひらがおすすめです。

 

コットンの繊維は僅かな摩擦でも肌を傷つけてしまう事もあるので、はじめは優しく手のひらで保湿しましょう。

 

化粧水を適量(500円玉大くらい)手のひらにとり、両手で挟んで温めます。

決して擦らず肌を優しくおさえるようにつけていきましょう。

 

水分を含んだ肌は柔らかくひんやりと、もっちりとしてきます。

 

4.化粧水の後はクリームで保湿を

化粧水はほとんどが水分なので、そのままでは乾燥していってしまいます。

 

化粧水の後は必ず乳液やクリームで蓋をしましょう。

 

こってりとしたテクスチャが多いクリームですが、肌の上で塗り伸ばすのではなく手のひらで伸ばしてからおさえるように肌につけます。

 

洗顔も保湿も摩擦は厳禁です。

とにかく肌を擦らないを忘れずにスキンケアをしてみてください。

 

 

ファンデーションよりもバレにくい!肌を綺麗に見せる方法とは

 

肌メイクといえばファンデーションが思い浮かぶかもしてません。

 

しかしファンデーションは粉っぽくなりやすくメイクしてます感が出やすいので、バレたくないという人には不向きです。

 

でも安心してください。

「バレずに綺麗な肌になりたい」

そんな人にぴったりのアイテムがあるんですよ。

 

 

薄づきで肌を均一に整える化粧下地

化粧下地は肌メイクのベースとなり、この上にファンデーションやパウダーをつけて仕上げます。

 

とても薄づきでカバー力にはあまり期待できません。

しかし下記のような効果が期待できます。

 

・肌の赤みなどの色ムラを消す

・皮脂テカリの防止

・毛穴の凸凹をカバー

・シミ.くすみを、カバーし肌トーンをあげる

 

とても薄づきで塗ってます感が出づらいので、メイク初心者やバレずに仕上げたい人にはぴったりのアイテムです。

 

パール大を手のひらにとりTゾーン・目元・頬・顎に少量ずつのせ、指全体を使って伸ばします。

 

目元や小鼻はムラになりやすいので、指先で叩き込むように優しく馴染ませると綺麗につきますよ。

 

▲おすすめ化粧下地

気づいたら手放せなくなってました。これ塗らないと不安。
絶対鼻テカる。でもこれは全くテカらない。
混合肌なのかこれを塗ってからいい感じに乾燥と皮脂がコントロールされて、
美肌になった。

s.cosme.net

ポイントカバー力はピカイチ コンシーラー

コンシーラーはクマ・シミ・ニキビ・色ムラなどピンポイントで肌トラブルを隠してくれます。

 

肌全体にメイクするのは抵抗がある人も、コンシーラーを使ってポイント的にカバーするだけでガラッと雰囲気が変わるのでおすすめですよ。

 

カバー力が高い順にスティックタイプ→クリームタイプ→リキッドタイプと分かれており、好みや隠したいトラブルに合わせて選んでください。

 

・スティックタイプ

カバー力は断トツ1位

しかし固いテクスチャで厚塗り感が出やすく、目元や口元などよく動く部分はよれやすいのが難点です。

 

使い方:指先に少量とり、カバーしたい部分にポンポンとのせていきます。

塗った部分と周りの肌がなじむよう指先で優しく塗り込みましょう。

 

・クリームタイプ

適度に柔らかく扱いやすいので、初めての人にはクリームタイプがおすすめです。

スティックには劣りますが、カバー力もしっかりあります。

 

馴染みがいいので、ヨレやすい目元などにも使いやすいですよ。

 

使い方:スティックタイプと同様指で少量ずつポンポンと塗り込みます。

 

 

・リキッドタイプ

水分量が一番多く、くすみなど広範囲にも使いやすいのが特徴です。

上記2タイプと比べカバー力は劣りますが、厚塗り感が出ず一番自然な仕上がりになります。

 

使い方:水分量が多く伸びがいいのでごく少量を気になるところにのせ、指で叩いて馴染ませます。

 

▲おすすめコンシーラー

プチプラで何色か入っているコンシーラーが欲しくて、こちらを購入。
02ナチュラルベージュで、色味が濃い方です。
シミとクマが気になるので、それらを隠す用です。

買う時に01の明るい色味のと迷いましたが(色白な方のため)、シミを隠すなら濃い方が良いかなと思い02にしましたが、合っていたので良かったです。
3色セットで、左の薄い色がクマ・ハイライト用、真ん中の赤みを帯びているのがくすみ・赤み用、右の濃い色がシミ・ニキビ跡用となっています。
実際に使ってみると、淡い色はクマ向き、濃い色と淡い色を混ぜたのがシミに合ってました。
その人の肌色によるので、いろいろ混ぜて使える3色セットは便利です♪
シミには左と右を混ぜ、クマには左と真ん中を混ぜるといい感じに。
かたすぎず柔らかすぎずのクリームで、変によれることもなくなかなか優秀だと思います。
付属のブラシ&チップも柔らかくて肌あたりがよく、プチプラとしてはなかなか良いと思います!
クマや大きいシミにはブラシ、小さいシミにはチップを使用し、その後指で肌になじませています。
左スペースに混ぜる用のスペースがあるのも使えます。あと鏡もついています。
仕上がりはマットな感じ。
SPF50PA++++というのも、紫外線が気になるこれからの季節にありがたいです。

カバー力が良いし、持ち運びにも便利で可愛いケースなのも良い♪
お値段以上の役割を果たしてくれると思います^^

s.cosme.net

全体をしっかりカバーできるbbクリーム

bbクリームは日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの3役が1つで叶う万能アイテムです。

 

カバー力もあり、またファンデーションのように粉っぽさが出ないのでより自然な印象になります。

 

ただ化粧下地やコンシーラーと比べ、メイク感は出やすくなりますので少しメイクに慣れてきた中級者以上向けのアイテムです。

 

手に適量をとり、Tゾーン・顎・頬・目元に少量ずつ置きます。

顔の中心から外に向かって薄く伸ばすように馴染ませます。

 

目元や小鼻などヨレやすい部分は指先で軽くタップして塗り込みましょう。

 

bbクリームはマットな仕上がりの物が多く、のっぺりしがちなので慣れてきたらハイライトなどにも挑戦してみてください。

 

Tゾーンや顎、眉の下や目の横のCゾーンにサッとブラシで入れるだけで立体的な肌に仕上がります。

 

▲おすすめbbクリーム

簡潔に言うと1,890円でコレは良い!

以下、語ります
↓
BBクリームはプチプラ的なものから4,000~5,000円ぐらいのまで
今まで何度か購入したことがあります

あ、もちろん、大好きなIKKO大先生が紹介していた
韓国コスメのエチュードハウスのも!

今まで使ってきたのは
確かにBBクリームならでは・・・っていう美容液っぷりを
感じることはできたけれども・・・
確かに・・・しっとりはしていたし潤い感はあったけど・・・

その美容液っぷりがオイルべたべた肌な感じもあって
毛穴が逆に目立ってしまって汚く見えてしまっていたと思う!

が・・・!
エテュセのコレは違っていたのです!

塗った後に確かにBBクリームならではの美容液の潤い感はあるけど
あのオイルべたべた感がないのですー!
そしてそして、毛穴も汚くならずに、目立たない!
潤い感はあるのにべたべた感は少なく、なおかつさらっとしている!

他の方の口コミを見ていると
『全然カバー力がない』と書いてる方もいらっしゃいますが
私はそれは全然気になりませんでしたー!

私はニキビ跡の毛穴がひどいけど、シミそばかすなし肌です
ですので、カバー力よりも毛穴消えっぷりのを重視するタイプです。
なので、カバー力に対してはそこまで気にならなかったのかもしれません。

ですので、シミそばかすを気にしていらっしゃる方は
他の人のレビュー通りカバー力が気になると思うので
それはそれで、軽くコンシーラーでカバーすれば、十分に対応できるかと思います。

ニキビ跡でボコボコなあたしが『毛穴がぁぁぁ目立たないぃぃぃぃ』と思う商品なので
毛穴やニキビ跡のデコボコを気にしている人には効き目はこれ1つで感じられるかと!

ちなみに、4~5時間後の崩れ具合ですが・・・!
混合肌でTゾーンのテカリっぷりが半端ない私ですが
思ったよりサラサラで『崩れた;m;』と思うような崩れはありませんでした。
ですので、持ちもそこそこ良いかと思います☆

これは久々のプチプラヒットだー!!!

s.cosme.net

 

 

メンズメイクで人気のブランド7選

最近はメンズコスメを扱うブランドも増え、アイテム選びも楽しくなってきました。

ここではおすすめのメンズコスメブランドをご紹介します。

 

1.ロクシタンオム

女性に大人気のロクシタンはメンズラインも豊富です。

化粧水などのスキンケアはもちろん、フレグランスやボディケアアイテムも多数展開されています。ロクシタンの贅沢な香りでスキンケアも楽しくなります。


ロクシタンオム 公式サイト

2.ミノンメン

製薬会社が皮膚科学に基づいて開発したミノンメンシリーズ。

敏感肌でも安心して使える品質は高ポイントです。メンズならではの悩みに特化したスキンケアアイテムは試す価値あり。洗顔からスキンケアまで展開しています。

 

ミノンメン 公式サイト

3.DHCforMEN

CMでもお馴染みのDHCからメンズスキンケア・ボディケアアイテムが発売されています。

 

種類が豊富で、悩み別に選べるのが嬉しいポイントです。

 

また取り扱い店舗も多く、実際に手に取りやすいのも嬉しいですね。

DHCforMEN 公式サイト

4.SHISEIDO MEN

大手化粧品メーカーの資生堂からもメンズラインが登場しています。

 

長年化粧品を作り続けてきたノウハウが結集されたスキンケアアイテムは品質が高く、本格的なケアを求める人も満足できます。

SHISEIDO MEN 公式サイト

 

5.john masters organics

「地球に敬意を払うラグジュアリーなビューティーラインを」を軸に展開されているアイテムは、合成香料・合成着色料無配合で敏感肌でも安心です。

 

スキンケアだけでなく、頭皮ケアのアイテムも展開されています。

john masters organics 公式サイト

 

6.PUROUDMEN

スキン・ボディケアアイテムはもちろん、スタイリング剤や消臭スプレーまで、メンズアイテムが幅広く展開されています。

 

頭皮ケアや皮脂汚れなど、メンズ独特の悩みにフォーカスし開発されたアイテムは機能性も確か。

デザインもスタイリッシュでお洒落です。

PUROUDMEN 公式サイト

 

7.ORBIS Mr.

口コミでも人気の高いオルビスのメンズラインです。

 

皮脂でベタつくのに乾燥肌というメンズ独特の矛盾した肌のために開発されたMr.シリーズで、洗顔も保湿も完璧です。

ORBIS Mr. 公式サイト

 

 

まとめ

・肌に摩擦は大敵

・洗顔は泡が命

・保湿は時間勝負

 

洗顔やスキンケアを見直せば必ず肌も変わります。

基本を押えてなりたい肌を手に入れましょう。

関連記事

  1. メンズのシワ対策|そのスキンケアはシワを悪化させていたかも…

  2. メンズの荒れがちな唇に!男女で使える種類別リップクリーム15選

  3. メンズ化粧水|あなたの使い方間違っているかも!正しい使い方とは

  4. 肌を綺麗に見せたい&気軽に買える!メンズにおすすめなメイク下地

  5. 男性にも増加中!末端冷え性の解説と対処法

  6. メンズのみんなは香水何使ってる?使い分けは?9人に聞いてみました

  7. マウスウォッシュを使ってみて。メンズ向けアイテムと使い方

  8. 一体何から手をつける?ボディケアの基本とは?

  9. プレゼントにも自分用にも。ラグジュアリー石鹸おすすめ10選

特集記事

  1. 【お悩み急増中】メンズ肌「適切なスキンケア」とは
  2. マスク生活でも乾燥知らず!おすすめオーガニックリップバーム
  3. 【1,000円以下】清潔感を作る!おすすめのお手軽ヘアパック
  4. 「最も簡単にできる」簡単に垢抜け!眉毛マスカラのすすめ
  5. インナービューティーで注目!オートミールのすすめ

編集者おすすめ記事

アーカイブ

人気記事【週間】

PICK UP!

  1. 【初心者必見!】メンズ美容系youtuberおすすめ15選
  2. 【頭頂部・つむじ】薄毛ってどこから?人には聞けない髪のこと
  3. 【メンズ ヘアオイル】ベタつかない!脂ぎらない!おすすめ9選
  4. 【メンズにおすすめ】そのヘアブラシの使い方間違っているかも・
  5. 【30代】「シミ・たるみ・乾燥」老けの3大肌悩みにダイレクトアタック
PAGE TOP