【動画で解説】プチプラで毛穴の黒ずみをなんとかしたい!ワセリンの使い方

最終更新日:2021年01月27日

多くの人が悩む、鼻の毛穴の黒ずみ問題。
とくに鼻は顔の中心にあり、自分でも人からも目につきやすい部位のため「黒ずみさえキレイになったら…」と悩まずにはいられませんよね。

そこで今回は鼻の毛穴の黒ずみをプチプラ商品「ワセリン」で解決する方法をお伝えします!
やり方や注意点をしっかりチェックしていただき、ぜひトライしてみて下さい。

 黒ずみの原因

 

正しい洗顔やスキンケアを行っていないと、過剰に分泌された皮脂や、メイクをする方は落としきれなかったファンデーションなどのメイク汚れが毛穴をふさぎます。
その汚れが空気と混ざり酸化すると「角栓」として硬化し、これが毛穴の黒ずみに。

また肌が乾燥状態になるのも要注意。
肌が乾燥すると通常よりも多くの皮脂が分泌され、毛穴を詰まらせ黒ずみの原因となります。
加齢によってたるんだ毛穴にも皮脂が溜まりやすくなるので、乾燥対策とともに日頃からの保湿ケアは超重要なのです。

ただし毛穴の黒ずみが気になるからといって、皮膚をつまんで角栓を押し出したり、刺激の強いピーリング剤を使用して洗い落とそうとするのはNG。
肌に強い刺激や摩擦を与えると、肌の防御本能で皮膚が固くなるほか、時間とともにシミやシワ、毛穴の広がりが目立ってしまうことに。

今回紹介するワセリンパックで毛穴を一層した後は、丁寧な洗顔とスキンケアを心がけることで、普段から黒ずみの原因を溜めないようにすることが大切です。

 

毛穴の黒ずみ除去!ワセリンパックのやり方

 

ではワセリンパックのやり方を動画に沿って紹介します。


【ブラックヘッド除去】400円のワセリンで鼻の黒ずみを無くす方法!

■用意するもの ※()内は動画と同じ商品

・ワセリン(ヴァセリンリオジナルピュア スキンジェリー)
・綿棒
・サランラップ
・タオル
・クレンジングオイル(F organics(エッフェオーガニック) クリアクレンジングリキッド )
・洗顔料
・化粧水(F organicsモイスチャーローション)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ワセリンパックの方法

  1. ワセリンを指に取り鼻にまんべんなく塗布する(手のべたつきが気になる場合は綿棒でもOK)
  2. サランラップを鼻の大きさにカットし、ワセリンをつけた上から包むように密着させる
  3. ホットタオル(火傷しない程度に温めたタオル)をサランラップの上から乗せて30秒ほどスチームで温める
  4. 時間がたったらサランラップを剥がし、ティッシュと綿棒を使いワセリンを取り除く
  5. いつもより多めのクレンジングオイルを使用し、やさしく鼻をマッサージする
  6. クレンジングオイルを水でしっかり落とす
  7. 綿棒を使用し、残ったクレンジングオイルやワセリンを落としていく(鼻のキワを重点的に)
  8. 洗顔料で洗顔する
  9. 化粧水や乳液で保湿する

 

ワセリンパックの注意点

毛穴の黒ずみに効果抜群なワセリンパックですが、いくつか注意点があります。
事前に確認してから行いましょう。

1.合わない肌質もある

ワセリン=油を使用するので、洗い残しがあると脂性肌の方はかえって毛穴が詰まる原因になることもあります。
またワセリンは石油を原料とした人体に無害の保湿剤ですが、ワセリンの種類によっては不純物で肌荒れを起こす場合もあります。
自分の肌に合ったワセリンを、洗い残しのないよう注意して使用しましょう。

2.日焼けに要注意

ワセリンが肌に残っているとその油分が紫外線を吸収し、日焼けやシミの原因になってしまうことがあります。
こちらも同じくパック後はワセリンを残さないよう丁寧に洗い流しましょう。

3.保管方法

ワセリンの原料が油であることから、保管方法によっては酸化で変質しやすい特徴があります。
なるべく日光の当たらない場所で保管し、フタを開けっぱなしにしないこと。
開封したものはなるべく早く使い切るようにしましょう。

 

まとめ

 

ワセリンパックは少なからず肌に摩擦や刺激を与えるので「毛穴の黒ずみが目立つな…」と感じる程度の、多くとも週1ペースがおすすめです。

日頃から丁寧にスキンケアすることを心がけて、ワセリンパックをしなくてもキレイな肌を維持できるよう頑張りましょう!

 

Recommend Article

白髪は予防できる!日々のケアから始めよう【おすすめシャンプー編】
肌荒れの原因、隠れ乾燥肌かも?毎日のスキンケアで見直そう
ギフトにもおすすめ!おしゃれで使いやすい入浴剤特集
健康にも。白湯でお金のかからないボディケア