揺らぐ今こそ見直して!洗顔から保湿、スペシャルケアまでのやり方

メンズの肌の性質上仕方ないとはいえ生理的な嫌悪感を催さずにはいられないベタベタ肌、否が応でも生活の乱れを連想させるブツブツ肌…。

肌の印象はその人の印象を形成する上で重要な要素のため、『汚肌メン』であることで、メンズが知らない間に失っているものは想像以上に多いんです。
それって非常にもったいないですよね。

損ばかりの『汚肌メン』を卒業し、第一印象をよりよいものにするためには、毎日のスキンケアを根本から見直すことが大事です。

そこで、ここでは、洗顔からスキンケアまで、美肌になりたいメンズがおさらいすべき基本を徹底解説します。

清潔感のある健康的なメンズの肌は一日にしてならず!今すぐ始めましょう。

見直すべき第一歩は洗顔 !正しい洗顔方法

『汚肌メン』がまず真っ先に見直すべきは洗顔です。

特に、メンズは洗顔は軽視しがち。
ですが、どんな高価で効果的な化粧水や美容液を洗顔後に使っても、それを肌が存分に吸収することができなければ全く意味はありません。

その後のスキンケアをより効果的にするために、正しい洗顔方法をおさらいしましょう。

(1)まずはTRY!洗顔方法

  1. 洗顔前に手をキレイに洗う
  2. ぬるま湯で顔を軽く洗う
  3. 洗顔料に水分を加えてしっかりと泡立てる
  4. たっぷりの泡を皮脂の多いTゾーン(鼻の周り、額など)にのせてマッサージするように優しく洗う
  5. 次にUゾーン(フェイスライン)を同じように優しく洗う
  6. デリケートな目元や唇をさらに優しく洗う
  7. ぬるま湯でしっかりとすすぐ
  8. もみあげやおでこなど生え際もしっかりすすぐ
  9. 清潔なタオルを顔に押し当てるようにして水分を吸収させる

(2)洗顔料前の予洗いが重要

洗顔で最も重要なのは、洗顔料を使った洗顔をする前の、ぬるま湯予洗いです。

朝の起き立ての肌や、帰宅後の肌はべったりと汗や皮脂やほこりなどの汚れが顔に付着した状態。
そのため、まず、ぬるま湯で水性汚れ(汗やほこりなど)を軽く洗い流してから、洗顔料で皮脂や古い角質などの油性汚れをオフすることでより効果的に洗顔が可能になります。

「予洗いは面倒くさい」と直接洗顔剤を肌に当てて洗顔する方法はNG!
というのも、予洗いをするのは水性の汚れをオフすることだけが目的ではないからなんです。

ぬるま湯で顔を濡らして温めることで、

  • 血行が良くなる
  • 毛穴が開く
  • 油性汚れが落ちやすくなる

などのメリットがあります。

その結果、肌にマイナスでしかないごしごし洗いをしなくても、軽い力で洗顔剤で皮脂や古い角質などの汚れをオフできるようになるんです。

時間があれば、美顔スチーマーやホットタオルを使って肌を温めておくのもおすすめ。

(3)『こすらない』『引っ張らない』が鉄則

洗顔の鉄則は『こすらない』『引っ張らない』の2つです。

予洗い後、泡立てた洗顔料を使って顔を洗う時も、顔をすすぐ時も、肌に負担を与えないように優しく行うのも大事なポイント。

ブツブツやごわごわ、くすみがある肌を少しでも早くきれいにしたくて力を入れてしまいがちです。
が、皮ふが薄い上に、弱くて細くて薄い顔の筋肉に無理な力は厳禁。
無理な力を加え続けると、肌が弱るだけでなく、たるみやシワの原因になります。

優しく洗いあげましょう。

すすぎ終わって水気を拭く時も同様です。
清潔なタオルを使い、こするのではなく、水分をタオルに移すイメージで行いましょう。

 

時間との勝負!スキンケア


丁寧な洗顔を施した肌は、余分なものがしっかりオフされている分、無防備な状態です。
肌を守るのに必要な皮脂膜もとれている状態なので、すぐに保湿に取り掛かりましょう。

(1)化粧水の使い方

洗顔後の第一ステップはいうまでもなく化粧水を肌に与えることです。

  1. 両手を合わせて手の平全体に化粧水をなじませる
  2. 乾燥しやすいUゾーン(フェイスラインや頬など)と目元に手の平を軽く押し当てる
  3. 指先で目元にもしっかり化粧水をなじませる
  4. 生え際、Tゾーンなども手の平を押し当てて潤いを与える
  5. 小鼻や口元など細かい部分は指先を使って保湿する
  6. 目元など気になる部分二度付けする
  7. 最後にハンドプレス

(2)化粧水を『肌に移す』イメージで!『こする』『たたく』は厳禁

化粧水を肌につける時、『こする』『たたく』は絶対にやめましょう。

ただでさえ洗顔でデリケートになっている肌に過度な刺激や負担を与えるだけ。

それよりも、手の平に付けた化粧水を肌に移すイメージで行うと、潤いを求める肌に適量を適切に与えることができます。

実は、手の平はスキンケアを行う際に万能なパーツ。
化粧水を手に取ってこすり合わせることで化粧水を温めてさらに肌に浸透しやすくさせることができますし、目元や小鼻など細かい部分やより潤いが必要な部分は指先を使うことでしっかり重点的にケアができます。

コットンを使う方法もありますがコットンの繊維が肌に残るとそれはそれで肌トラブルの原因になることもあるのでおすすめしません。
また、塗り残しもできやすいので、より柔軟に使える手で保湿しましょう。

(3)肌に栄養をチャージ!美容液も同様に

化粧水でたっぷりと肌を潤した後は、美容液で肌に栄養を与えましょう。

乾燥が気になる方、たるみやくすみが気になる方、ニキビ跡やニキビが気になる方など、それぞれ自分の目的に合った栄養を取り込める美容液を使うのがポイントです。

美容液も、化粧水と同じように手の平に適量取り、手の平をこすり合わせて温めてから、顔全体になじませた後、細かい部分にも重ね付け。
最後にハンドプレスします。

(4)スキンケアの〆は油分。フタをして潤いキープ!

化粧水・美容液で潤いをチャージした肌。しかし、これで終了ではありません。
与えた潤いが逃げていかないように、油分多めの乳液やクリームでフタをしましょう。

  1. 適量を手の平に取る
  2. 両手をこすり合わせて全体に広げる
  3. 顔を手の平で包むようにして優しくなじませる

(5)使うべきは乳液?クリーム?肌質別の選び方

油分多めのスキンケアアイテムである乳液とクリーム。
どちらを選ぶべきか迷うメンズも多いはず。

スキンケアの〆に乳液かクリームかどちらにするかは、肌質で選びましょう。

  • 乾燥肌と敏感肌・・・乳液+クリーム
  • 混合肌・・・・・・・基本は乳液。乾燥が気になる部分は乳液+クリーム
  • 脂性肌やニキビ肌・・・・・・・乳液

肌質だけでなく、季節やその時の肌コンディションに合わせて使うとさらに◎。

ワンランク上の肌へ!スペシャルケアのススメ


毎日の基本のスキンケアは、洗顔~乳液・クリームでOKです。

これを続けることで、次第に自分の肌が生まれ変わっていくことを実感できるはず。

さらにワンランク上の上質肌を目指すなら、次のスペシャルケアも取り入れましょう。

(1)美顔スチーマーで効果アップ

今やメンズにも愛用ユーザの多い美顔スチーマーは、スペシャルケアに欠かせないアイテムです。

美顔スチーマーとは、スチーム(蒸気)を肌に当てることでさらに効果的にスキンケアができるようサポートしてくれる美容家電のこと。

温かいスチームを洗顔前に使えば汚れがオフしやすくなりますし、洗顔後に使えばさらに毛穴が開いて肌も柔らかくなってその後の化粧水や美容液の肌への浸透をよくすることができます。
また、冷たいスチームを使うことで開いた毛穴をきゅきゅっと引き締める効果も期待できます。

さらに、美顔スチーマーはリラックス効果も抜群!
ストレスの多いメンズはスキンケアの際に取り入れてみると、思わぬ癒し効果が得てクセになるはず。

(2)ナイトパックで寝ている間に美顔へ

スペシャルケアとして外せないのがパックです。
シートに美容液をしみこませたシートパック(別名:シートマスク・フェイスマスク・フェイスパックなど)を化粧水で肌を整えた後に顔に貼り付ければ、肌もみるみる元気に。

肌にシートを貼りつけるタイプのパックを使う場合は次の2点に注意しましょう。

肌に貼り付ける指定時間を守る
シートを取った後は、乳液やクリームでフタをする

特に時間を守ることはとても重要です。
指定時間を超えて貼り続けると、次は逆に肌の潤いがシートに奪われてしまいます。

また、シートを取った後の肌はプルプルですが、それで満足して放置はダメ!せっかく与えた潤い・栄養を逃さないために乳液やクリームで必ずフタをしましょう。

肌に貼るタイプが面倒というメンズには、寝る前につけてそのまま使えるナイトパックがおすすめ。
クリームやジェルタイプのパックは、化粧水や乳液を使った後に顔に塗るだけととっても手軽です。

しかも、そのまま寝てしまえるので洗い流す手間も不要。
翌朝、いつものように洗顔してスキンケアをしましょう。

(3)美顔ローラー

顔のたるみが気になるメンズには美顔ローラーを併用するのもおすすめ。

ゲルマニウムやプラチナ、チタンなどを搭載したヘッド部分を軽く滑らせることで、滞りやすい顔の血行を促してむくみを解消できます。さらに、たるみやすいフェイスラインのリフトアップのほか、小顔効果も期待できる便利なアイテムです。

美顔ローラーを使う上での注意点は3つ。

肌が乾燥した状態で使わない(スキンケア後に行う)
ヘッド部分を清潔に保つ
力を入れすぎない

テレビを見ながら、仕事をしながらなど片手間にできるので便利!ぜひお試しを。

 

まとめ


正しいスキンケアを行うことは、地味な作業です。
また、一朝一夕で劇的な変化を得られるものでもありません。
しかし、それを継続して行うことで確実に自分の肌のコンディションや見栄えが変わってくるはず!

仕事や勉強では努力に見合った結果が得られないこともありますが、スキンケアは違います。
自分が時間と手間をかけた分だけ良くなっていき、それに伴い印象や雰囲気、周囲の反応も確実に良くなっていく…すなわち『成功』が約束された努力。これほどやりがいのある努力もありませんね!

ぜひ今の自分の肌に満足ができないというメンズは、今すぐ今回紹介した基本のスキンケア+スペシャルケアを取り入れて、肌も磨かれたメンズになりましょう。

his&公式HP
his&公式インスタグラム

関連記事

  1. 酵素洗顔とは?メンズにもある、メリットデメリットとは?

  2. 本当に汚れが取れるの?ブラシ洗顔のメリットデメリット

  3. メンズフェイスケアで手間なくツヤ肌|悩み別で人気のオールインワン

  4. 焼けやすいメンズの首!日焼け対策 とアフターケア

  5. 【毛穴トラブル対策】今年から始めたいメンズ フェイシャル エステ

  6. 清潔感にも繋がる毛穴。メンズのための毛穴洗顔【プチプラ編】

  7. 抜群な機能性!ヘアメイクさんから生まれた”Évossée”

  8. 乳液こそベタつく脂性肌の救世主!?使い方とおすすめメンズ乳液4選

  9. メンズも要注意!じんわり暑い季節の汗対策

特集記事

  1. 【楽天で買える】メンズも使いやすい!おすすめ美顔器16選
  2. 足の臭さ諦めてない?今すぐ取り組みたい足の臭い対策とおすすめアイテム5選
  3. 【高級編】メンズ フェイスパックおすすめ13選
  4. 2022最新!シェービングにおすすめシェーバーピックアップ
  5. ノン コメド ジェニックとは?ニキビメンズにおすすめ洗顔12選

編集者おすすめ記事

アーカイブ

人気記事【週間】

PICK UP!

  1. 【20代後半】メンズニキビケア対策。市販のニキビおすすめは?
  2. 【筋トレ初心者】メンズの筋トレ、どこから始めるのが正解?
  3. 【毛穴トラブル対策】今年から始めたいメンズ フェイシャル エステ
  4. 【アンチエイジング】インナービューティーにメンズも取るべき食べ物
  5. 【40代】メンズアンチエイジング第一歩とは?
PAGE TOP