つけている間は出したくない!メンズ必見つけ心地の軽いシミ消しアイテム

最終更新日:2020年04月13日

紫外線などによって出来るシミ。シミがあると一気に老け顔に近付いた印象を持ちます。歳を取るにつれて、段々と肌のターンオーバーの速度が落ちて、シミができやすくなる傾向にあるのは仕方がないこと。

しかし、メンズの中には「メイクでシミを隠したくても、明らかに隠していると思われるのは嫌…。」という人も。今回は、シミを目立たなくするアイテムの中でも、付け心地が良いものや使いやすい物などをご紹介。

シミができる原因

シミは、メラニンが必要以上に多く生成されることでできるもの。シミの原因の多くは、紫外線による影響とされています。女性と比べて、日焼け止めを塗る習慣の少ない男性は紫外線の影響を受けやすく、シミができやすいと言われているのです。

紫外線から肌を守る手段として、外出するときに日焼け止めを塗ったり、こまめに日焼け止めを塗りなおすなど。少し手間ですが、紫外線の影響を抑える事が可能です。

紫外線の他にも、洗顔後のスキンケアや髭剃りなどの刺激もシミができる要因となります。男性の場合、女性よりも皮脂が多く、水分量が少ない傾向にあるので頬は乾燥しやすいもの。洗顔後や髭剃り後もしっかりと保湿しましょう。

メンズのシミ隠しアイテムを選ぶコツ

シミ隠しに使用するメインアイテムはコンシーラー。一言で、コンシーラーと言ってもいくつかの種類があります。

スティックタイプ・ペンシルタイプ

スティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーは、主にニキビや部分的なシミ・クマに使用することで目立ちにくくすることが可能。

利点としては、持ち運びが楽なので、出先などでもサッと塗りなおすことができます。

リキッドタイプよりもカバー力が強い物も多いので、カバー力重視の方にはスティックタイプやペンシルタイプを使用しましょう。

 

クリームタイプ・リキッドタイプ

クリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーは、青ヒゲや広範囲のシミなどに使用することをおすすめします。スティックタイプやペンシルタイプと違い、クリームタイプやリキッドタイプは肌の馴染みが良いものが多め。

付け心地が軽いものが多いので、付け心地重視の方はクリームタイプやリキッドタイプを選びましょう。

コンシーラータイプ別のおすすめ3選

1.スティック・ペンシルタイプ

 

 

 

 

 

 

2.クリーム・リキッドタイプ

 

 

 

 

 

女性用のアイテムとメンズアイテムの違い

一般的なコンシーラーやBBクリームは、女性用に開発されています。

そのため、男性が使用すると肌の色や質が女性と異なるので自然に馴染まないことも。周囲から「化粧をしている」と分かってしまいます。

それに対してメンズ用コンシーラーは、男性の肌の色や質にこだわって製造されていることがほとんど。コンシーラーやBBクリームを付けていると周囲にバレにくいので、男性はメンズ専用品を使用するのがおすすめです。

軽い付け心地で気軽に使おう!

女性も男性もだんだん歳を重ねるごとにシミや肌トラブルが起きやすくなります。

シミや目のクマなどがあるのと無いのとでは相手の受ける印象も変わるので、青ヒゲやシミ・ソバカス・ニキビ跡などに悩む男性は、メンズ用コンシーラーやBBクリームを使い分け、若々しい印象を保てるようにしてみましょう。

付け心地の軽いアイテムなら、手軽に気軽に試すことができます。

Recommend Article

清潔感にも繋がる毛穴。メンズのための毛穴洗顔【プチプラ編】
背中・胸元ニキビの原因はカビ!?対策と知っておくべきケア法まとめ録
ニキビケアに効果絶大!メンズスキンケアにおすすめの化粧水と選び方
毛穴対策にも効果あり!敏感肌におすすめのメンズクレンジングクリームまとめ