洗顔よりも大事なのは落とすこと!クレンジングのポイント

最終更新日:2019年09月14日

「顔って洗顔料で洗えばO.Kじゃないの?」「洗顔料を使っているのに肌がきれいにならないのはなぜ?」

顔を洗うときに洗顔料しか使っていないという男性も多いのですが、実は、美肌作りには洗顔料だけでなくクレンジングも重要なのです。
クレンジングというと女性が使うものというイメージがありますよね。
しかし、皮脂分泌が多くて皮膚の厚い男性にこそ、クレンジングは必要です。

これまで洗顔料だけで済ませていたという方は、ぜひ明日からは毎日のお手入れにクレンジングを取り入れて、清潔感のあるモテ肌を手に入れてくださいね。

美肌作りには洗顔よりもクレンジング

https://unsplash.com/photos/ynI3tjtwGzw

肌がキレイにならないその理由は?

毎日、ちゃんと洗顔しているのに肌がキレイにならない。くすみはとれないし、毛穴は詰まるし、ニキビもできやすいし、ざらざらしている…それはなぜかご存じでしょうか?

その理由は、洗顔で汚れをキチンとオフ出来ていないから。洗顔というのは、文字通り顔を洗うことです。

多くの男性が洗顔フォームや洗顔せっけんを使っていることでしょう。
確かにこれらの洗顔料で汗やほこりなどの汚れは落とすことができます。
しかし、残念ながら洗顔料では落とせないタイプの汚れもあるんです。
その結果、汚れが蓄積され、肌が全体的にくすんだり、毛穴が詰まったりなどの肌トラブルがいつまでたっても解消されないんですよ。
洗顔料では落とせない種類の汚れを落とすには、クレンジングが役立ちます。

洗顔料とクレンジングの違い

洗顔料とクレンジングでは落とせる汚れの性質が異なります。

  • クレンジング・・・油性の汚れを落とすためのもの。メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなど
  • 洗顔料・・・水性の汚れを落とすためのもの。古い角層、余分な皮脂や汗、顔についたホコリなど。

全く落とせる種類が異なります。

普段、洗顔料で洗って「落とせた」と思っていたのは水性の汚れだけ。クレンジングを使っていないことで、どんどん肌の表面には油性の汚れ(メイクや日焼け止めなど)が蓄積し、毛穴詰まりも進行していたんです。

美肌作りには二刀流(クレンジング+洗顔料のダブル洗顔)で

美しい肌を作り維持するには、洗顔料だけ、クレンジングだけでは不十分。
油性の汚れを落とすクレンジングと、水性の汚れを落とす洗顔料の二刀流が必要です。

ダブル洗顔なんて面倒くさいなと思うかもしれませんね。

しかし、女性に比べて皮脂分泌が多く皮膚が厚い上に毛穴も大きな男性のお肌は、角栓(皮脂と角質が混ざり合い毛穴に詰まっている状態)ができやすいなど油性の汚れが蓄積しやすい状態です。

そのまま放置しておくと、さらに毛穴の開きや黒ずみ、肌のごわごわ、テカリなどが悪化してしまいます。
肌のコンディションは、自分の印象を大きく左右する重要な要素。

好印象を与える肌を作るために面倒くさがらずに普段のスキンケアにクレンジングをプラスするようにしましょう。
ただ、乾燥肌の方は、ダブル洗顔不要のクレンジングを使うのがおすすめです。
肌負担がかかりすぎてくすみなどが悪化する可能性もあります。

クレンジングの正しい方法

https://unsplash.com/photos/ZWNO4bzUP7k

では、次にクレンジングの方法を解説します。

1.適量を手に取る

クレンジング剤を適量手のひらに取ります。この時、使用量を守ることが大事なポイント

少なすぎると肌を必要以上にこすることになり、肌に負担を与えてしまいます。
多すぎても十分に油性汚れを落とすことができず、さらに洗い流すときも大変になるので適量を守りましょう。

2.4つのポイントにおいて素早くなじませる

手のひらに取ったクレンジングをもう片方の指先に取り、おでこ・両頬・鼻・あごにポンポンとのせます。

指先を使い、力を入れずにくるくると回すようにクレンジングを肌になじませていきます。
デリケートな口元は軽くなじませましょう。

3.ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯を使って丁寧に洗い流しましょう。その後、洗顔料を使って水性の汚れを落とします。

クレンジングの極意

https://unsplash.com/photos/gDoNB_BCkdE

クレンジングの極意:クレンジングの前に手を洗う

クレンジングの前には、必ず手を洗いましょう。

雑菌が手についたまま顔に触れると肌に付着してニキビなどの肌のトラブルの原因になるおそれがあります。

クレンジングの極意:ホットタオルで肌を柔らかくする

油性の汚れは冷えていると固まってしまうので、肌を温めてからクレンジングするとより効果的に油性の汚れを落とすことができます。
夏など肌が温かい時はそのまま使ってもO.Kですが、寒い時期はクレンジングをする前にホットタオルで顔を温めるとよいでしょう。
顔を温めることで、油性の汚れが落ちやすくなるだけでなく、毛穴が開きやすくなる、血行が良くなるなどメリットがいっぱい!

肌への負担を減らすためにもぜひホットタオルを使いましょう。

ホットタオルの作り方

  1. タオルを濡らしてかたく絞る
  2. タオルをおしぼりのように丸める
  3. ラップやビニール袋に入れて電子レンジで1分ほど加熱(機種によって時間を調整)
  4. タオルを取り出して適度に冷ます

クレンジングの極意:優しく

クレンジングのポイントは、しっかりと油性の汚れと乳化させることです。

ゴシゴシなじませなくても、優しくマッサージするように動かすだけで乳化するので丁寧に弱い力でなじませてください。
くるくるマッサージしているうちに、指先がふっと軽くなったら乳化のサインです。

順番は、皮脂の多いTゾーン→頬→皮膚の弱い目や口周りです。

おすすめクレンジング商品4選

ニールズヤード レメディーズ フランキンセンス クレンザー

ファンケル 新マイルドクレンジングオイル

THREE バランシング クレンジング オイル

ZAS REクリア

まずはしっかり落とすことから始めましょう。

https://unsplash.com/photos/vhqVN89Gqu8

洗顔料だけでは落としきれない油性の汚れは、毛穴つまりやテカリ、くすみの原因。
油性汚れに強いクレンジングをいつものスキンケアに取り入れて、水性汚れも油性汚れもしっかりオフしてくださいね。
しっかり洗顔することで得られるメリットは、肌がキレイになることだけではありません。

メイクのノリも良くなりますし、自分の肌に自信が持てるようになることで表情も明るくなり、ビジネス・プライベートでも積極的になれることでしょう。

もちろんメイクをしていない人も、たまにiつかってみることがおすすめ。
皮脂よごれはメイク汚れと同じようにクレンジングで落ちることがほとんど。

あなたも今日からクレンジングでトラブルのない健やかなモテ肌を手に入れましょう!

Recommend Article

メイクだけではなく汚れを落として!【皮脂多め】メンズにおすすめクレンジングバーム
肌は食べ物で作られる。美肌を作る「毎日摂りたい食物」リスト
何がどうメリットデメリット?クレンジングの種類と違い
マスク荒れにストップ!通気性のいいマスク2選